ノムダス 便秘

便秘解消には、腸内フローラのバランスを整えることが必要

ノムダス便秘

 

便秘解消に効果が期待できるノムダスですが、便秘でお悩みの方が現代社会で急増中です。

 

厚生労働省発表の「平成25年国民生活基礎調査」によりますと、成人の便秘症は男性で4.0%、女性5.9%いるそうです。

 

それは成人の約14%にも上ることになり、日本人の7〜8人に1人の割合に相当し、また10歳代〜50歳代までは、女性の比率が男性よりも3〜6割も高いそうです。

 

これだけでも、多くの女性が便秘症に悩んでいることが分かります。

 

女性の便秘が多いワケとは?

 

ノムダス便秘

 

もともと女性は体質的につまりやすいのに、仕事や家事・育児などに追われてついついガマンしてしまう、なんてことも多いのではないでしょうか。

 

 

結果、便秘解消を求めてついつい手軽な市販のサプリメントやお茶に手を伸ばしがちですが、それらにはゆるくなる成分が入っていることが多く、飲めば出るけれど、飲まないと出ないなどの悪循環に陥りがちです。

 

それではいつまでたっても本当の意味で便秘解消にはつながりません。

 

腸内環境を整えることが大事!

 

ノムダス便秘

 

便秘解消の他にも、肌の衰えが気になる、手足が冷える、疲れやすい、太りやすいなどのお悩みはありませんか。

 

それらの全ての原因は、内側の衰えによるものかもしれません。
目に見えるところばかりケアしても、それらは改善されることはないのです。

 

 

腸は考える器官として第二の脳と呼ばれ、腸内に入ってきたものがカラダにとって良いものか悪いものかを、腸自体が直接判断しているそうです。

 

便秘解消やその他のお悩みも全て、腸内フローラを整え、カラダの内側から働きかけることが大切なのです。

 

今話題の腸内フローラって何!?

 

ノムダス便秘

 

腸内フローラって聞きなれない言葉ですよね。ここからは、腸内フローラについて説明していきたいと思います。

 

 

人のカラダの中には100種類以上100兆個の腸内細菌が存在しており、それらが花畑のように見えることから腸内フローラと呼ばれています。

 

カラダの不調は、腸内フローラのバランスの乱れから来るものが多いとされ、バランスを整え、免疫力をUPさせることが大切なのです。

 

乳酸菌には、腸内フローラを整える働きが!

 

ノムダス便秘

 

では、どうやったら腸内フローラのバランスを整えることができるのか。それには乳酸菌が必要となってきます。

 

 

乳酸菌は直接腸に働きかけてくれるもので、腸内に乳酸菌が行き渡ると善玉菌を増やすことができます。

 

一方、便が腸内にたまったままだと、どんどん腸内フローラのバランスは悪くなって悪玉菌が増え、腸の病気を引き起こすこともあるのです。

 

ノムダスの乳酸菌が、腸内フローラを整えるのに有効

 

ノムダス便秘

 

「ノムダス」には便秘解消に不可欠な、それも役割の違う2種類の乳酸菌が配合されています。ビフィズス菌BB536と乳酸菌EC−12です。

 

 

ビフィズス菌BB536の最大の特徴は、酸素や酸に強く生きたまま大腸に届くこと。そのことで加齢やストレスなどにより減少したビフィズス菌を補ってくれます。

 

 

乳酸菌EC−12です。こちらの最大の特徴はその大きさ。ナノサイズの小さな乳酸菌が隅々まで行き渡ることで善玉菌の増加をサポートしてくれます。

 

 

また乳酸菌を体内に取り入れ、善玉菌を増やして腸内フローラを整えることで、免疫力の向上やアレルギーの発症を抑えたり、便秘解消だけでなく下痢などもしないカラダになることができるのです。

 

まとめ

 

ノムダス便秘

 

腸内フローラを整えるために、乳酸菌がいかに必要かがお分かり頂けたかと思います。乳酸菌豊富な「ノムダス」を、コチラからぜひお試しください。

 

>>ノムダスの詳細はこちら

関連ページ

副作用情報まとめ|妊娠中でも大丈夫?
ノムダスの副作用について調査!妊娠中や授乳中にノムダスを飲んでも大丈夫?その安全性について検証!